プロ野球 珍記録の数々

野球 バッター

グローブ

プロ野球の歴史のなかで名記録や名勝負は数々ありますが、意外な偶然によって生み出される珍記録というものも存在しています。ピッチャーにおいては打者0人で勝利投手になったという記録があります。先発投手ではなし得ない記録でリリーフ登板の時に起こりうる現象と言えるのですが、達成には条件が重ならなければならないので一筋縄とはいかないというのが本音でしょう。ランナーを背負った状態でリリーフとしてマウンドに上がり、ランナーを牽制か盗塁阻止でアウトを取り、チェンジし、直後の味方の攻撃で逆転サヨナラが必要となるからです。過去達成者は2人いて、1人は、ロッテの小林雅英が、もう1人は、ヤクルトの久古健太郎が2000年、2012年にそれぞれ達成しています。

打者で連続三振記録という不名誉な記録を作ってしまったのは、横浜にいたドミンゴ⋅グスマンです。3月から5月1日まで6試合に出場し、全ての打席において三振し、世界記録を更新する14つ目の三振を樹立すると、更にその後も三振を続け、記録を18まで伸ばしました。また、阪神で活躍した赤星憲広も珍しい記録を持っている1人と言えるでしょう。彼が持つのは連続打席無本塁打記録というものです。現役9年間で放った本塁打は、3本で、その3本目を放ってから引退するまでの4年は一切本塁打を打ちませんでした。その間の打席は2528打席にも及んでいます。

ボールを投げる