野球の犠牲バントの戦術的な意味

野球ボール

日本のプロ野球ではよくノーアウトでランナーが出たらバントを行うケースがプロアマチュアを含めて多く見受けられます。しかし、実際にバントの価値が思ったよりも高くないことが様々な統計から裏付けられ始めています。
セイバーメトリクスにおける統計によると無死一塁からバントを行った場合、バントをせずに強攻を行った方が得点期待値が高くなる傾向にあります。そのため、ノーアウト1塁から何も考えずにバントをただ行う場合、有効性はほとんどありません。

しかし、だからと言って犠牲バントが全く意味がない戦術というわけではありません。特に得点できる可能性を高めたい終盤の競った展開の好機には犠牲バントは有効な作戦の一つとなります。
また、相手投手がゴロで打たせて取る傾向が強いグラウンドボールピッチャーの場合には併殺でゲッツーとなりチャンスをつぶしてしまう危険性があります。2死走者なしでは得点期待値は絶望的に低くなるため得点できないリスクをできるだけ抑えなければならないケースでは犠牲バントも選択肢の一つになります。
このようにバントは点を多く取ることができないから、絶対バントを行わないというのも正しくありません。犠牲バントは試合展開や相手投手のデータを確認して行うことでその効果を大きく発揮する戦術なのです。

攻守の駆け引きを楽しむのが野球の魅力です

ナイトゲーム

テレビで観戦する事が出来るプロ野球や高校野球は、攻守の駆け引きが観戦の見どころになっています。1点差や2点差といった状況で、ヒットやフォアボールの代走で出た際のバッテリーと走者の駆け引きは、勝敗が決まるケースがあるので興味深く見る事をおすすめします。足の速い選手は、ピッチャーの癖(牽制時の足の動かし方や投球フォーム)を普段から映像やコーチの情報でチェックしており、牽制で刺されない位置にリード(ベースから離れて次の狙う事)をしています。

バッテリー側もランナー側の情報を知っているので、必然的に牽制球をファーストに投げる機会が多くなり、多い場合は1打者に投げる間に5回以上牽制をする事もあります。キャッチャーは、走られた際に出来るだけ早く二塁に送球する必要がありますが、捕ってから送球するまでのスピードと、二塁への送球コントロールが盗塁阻止の鍵になっている点に着目してみると更に野球が面白く感じられるでしょう。なお、プロ野球の盗塁阻止率は3割以上が及第点とされていて、阻止率の高いキャッチャーと盗塁が得意な選手の駆け引きも見どころになっているので、守備に関する賞を貰っているキャッチャーは要チェックです。