プロ野球界 トレードで環境を変えて活躍

キャッチャー

スポーツ選手のトレード移籍によって所属するチームが変わる、というのはたまにニュースで目にする話題ですが、普通の社会人であれば人員の交換による勤務先の変更はほぼあり得ないことですので、スポーツ選手の世界特有の風習であると言えます。所属するチームを変えることで練習環境、戦力として寄与するチームそのものの環境が大幅に変化することで発奮し活躍する選手、上手く順応できず期待に応えられない選手もいます。

野球界では、海外リーグに比べて日本ではトレードがあまり活発ではないという側面がありましたが、近年は比較的大型トレードが成立しやすくなっているようです。野球は特に選手個々の特性や実力がチームの成績に直結するとあって、様々な役回りの選手をどの球団も求めています。しかし、主戦レベルの選手がトレードの駒になるのはメジャーリーグくらいのものであり、日本では依然一軍半レベルの選手がトレード市場に出回ることはほぼ無いでしょう。ですので他球団にとっては余剰戦力だけど自球団には欠かせない役回り、という選手を取れるかどうかがトレード巧者かどうかをはっきりと分けるポイントです。それまでは二軍でくすぶっていた選手がトレードを機に新天地でエースになる、という夢のような話もあります。トレードされる選手を見ても、選手を補強したチームにフォーカスを当てても、トレードという戦いの明暗を感じ取れることでしょう。